ジャパンオーガニック   

Posted by at

2007年11月24日

ながらケアで美肌を作る

ジャパンオーガニック きれいな美肌つくりるためには、毎日のスキンケアを
きちんとおこなわなければいけません。

外から帰ってきたらクレンジングまたは洗顔で、
メイクやお肌についた汚れを落とし、
化粧水によってお肌に水分を与えて、
美容液で肌に栄養を与える。
その後、クリームで、肌に与えた水分と栄養に
フタをするという基本のスキンケアを正しい順番で
毎日きちんとおこなうことでみずみずしい
きれいな美肌が作られていくのです。

毎日スキンケアを欠かさずおこなっていても、
化粧水や美容液などが肌に浸透する前に
次々とつけていってしまっていると、
それらに含まれている成分がお肌の表面で混ざりあい
上手く肌に浸透していきませんので、
化粧水や美容液をつける時は、
間隔をあけることが大切です。

1つ1つのスキンケア化粧品が、お肌に浸透したのを
確認してから、次のスキンケアをおこなうことが、
美肌作りには肝心なのです。

この美肌作りにか欠かせないスキンケアコスメを
つける間隔というのは、佐伯チズさん曰く、
3分ぐらいが目安となるそうです。

化粧水をつけたら(佐伯式ローションパックを推奨しますが)
3分間待ち、次に美容液をつけてから3分間待つ。

そしてクリームをつけたらまた3分間待って
最後にUV下地をつけたらメイク前の準備が終了。

でも、いくら美肌作りのためとはいえ、忙しい朝に
これを毎日実行するのは大変ですよね。

そこで、佐伯チズさんがいそがしい朝でも
無理なくできる「ながらケア」で美肌作りを
おこなうように薦めています。

佐伯チズさんがお勧めしている「ながらケア」とは、

・起床したら、ますぬるま湯で洗顔をする。
(前の日の晩にスキンケアをしっかりしていれば、
ぬるま湯洗顔で問題ないです)

・ぬるま湯洗顔の後は、化粧水をつけます。
(佐伯チズさんは、ここでお肌の状態がよければ
化粧水も省略するそうです)

化粧水をつけた後は、コーヒーメーカーでコーヒー作ったり、
トースターにパンをセットしたりし朝食の準備をしていきましょう。

これで、約3分くらい経過するはずですから、
その後美容液をつけたら、次にスクランブルエッグなど
おかずをパパッと作りましょう。
その間に美容液が肌に浸透していますので、
その後、クリームをつけ、着替えをすませ、
UV下地をつけたらさきほどから作っていた朝食を食べます。

このように、美肌のためのスキンケアを
朝食の準備と組み合わせることで、
忙しい朝でも効率よく時間を使えて、
リズム感も生まれ、1日のやる気が沸いてきます。

お肌の調子がよければ、気分も軽やかに1日の生活を
エンジョイすることができるようになりますので
明日から早速、朝の美肌ケアはこの佐伯チズさんが
お勧めしている「ながらケア」でいっちゃいましょう。
  


Posted by SONOKO at 15:10佐伯チズ式美肌方法

2007年11月24日

佐伯チズ式スキンケアの仕方

ジャパンオーガニック 佐伯チズ式スキンケアの基本とは、
手のひらと指を使ってスキンケアを行なう事。

佐伯チズさんは、スキンケア商品を手のひらにのせて、
指でスキンケア商品を軽く暖めてから使用することで、
肌へ浸透力が違ってきて、スキンケア化粧品の
美肌効果が倍増するとおっしゃっています。

また、手のひら全体を使い、顔を包み込むように
スキンケアをすることで、スチームアイロンのような
役割をはたし、肌のキメを細やかに整えてくれるとも
佐伯チズさんはおっしゃっています。

佐伯チズさんは

「美肌作りのために特別お金をかける必要がありません」

ともおっしゃっていて、高価な化粧品を使用することよりも、
毎日のお手入れをお肌に愛情を込めながら
おこなうことこそ美肌のためになるのだそうです。

つまり、お手入れの仕方次第で、安い化粧品でも
とても綺麗な美肌をつくる事ができるというわけ。

ですから、佐伯チズ式美肌作りでは、スキンケア化粧品は

「美肌のために何を使うか」

ではなく

「美肌ためにどうやって使うか」

が大切なこととなってきます。

佐伯チズ式スキンケアで推奨されている
高価な化粧品でなくても良いのです。

佐伯チズさんがオススメする美肌方法では、
肌のお手入れの順番や、化粧品に含まれる
美肌のための成分を、肌にしっかり浸透させる
ための方法のほうが重要になってくるのです。

スキンケアで大切なことは、肌への愛情と
正しい美肌作りの方法です。

特に、空気が乾燥する秋冬には、正しいケアで
肌の水分を逃がさないようにすることこそ、
美肌作る方法なのですと
佐伯チズさんはおっしゃっているのです。
  


Posted by SONOKO at 15:58美肌ケアのポイント